Zoomのフォーカスモード、使ってみました!

オンラインセミナーとかをやるときに、もう、なしではいられなくなったZoom。先日、あたらしくフォーカスモードというのが実装されたので、さっそく試してみました。

フォーカスモードって、何ができるの?

夕暮れの小学校、シーンは学級会。

担任の先生が神妙な面持ちで、割れた花瓶を持ちながら……

「みんな、下を向いて目をつぶってください。先生は怒らないから、これ、やった人は黙って手をあげてください!」

例の、あれができるのが、フォーカスモードです。

フォーカスモード、オンで起きること

ホストが、フォーカスモードをオンにすると、

  1. 参加者は、ホスト(共同ホスト)と自分以外のカメラが見えなくなる。
  2. ホストは、全員のカメラを見ることができる。
ホストのパソコンでの画面

ホストのモニタでは、一般の参加者のカメラの様子が見えます。(スクリーンショットでは、マスキングテープを貼っていますが、ピンク、黄色、雪だるまさんが映っています)

参加者のパソコンの画面

一般参加者のモニタでは、ホスト、共同ホストと、自分のカメラのみを確認することができます。

他の参加者のカメラは(本人のカメラはオンになっているにもかかわらず)映らず、表示名が映っています。ちょうど、カメラをオフにして参加しているときと同じ見え方です。

なお、画面上部に「ミーティングはフォーカスモードです。ホストと共同ホストのみがあなたのビデオを見ることができます」と表示され、フォーカスモードであることが、参加者に伝わります。

注意:フォーカスモードは、ホストが対応すれば、他の参加者のZoomのバージョンは関係なく適用されます。しかし、参加者のバージョンが、Windows版5.7.3未満、macOS版5.7.3 or未満の場合、この「ミーティングはフォーカスモードです。ホストと共同ホストのみがあなたのビデオを見ることができます」という通知が出ないそうです。

スピーカービューとどう違うの?

なんだ、スピーカービューみたいなものじゃない。と思うのですが、実際には、違いました。

スピーカービュー、ギャラリービュー、没入型ビューは、「ビュー」ですが、こちらは「モード」です。そもそも設定場所が違いますし、フォーカスモードにしたうえで、スピーカービューやギャラリービューに切り替えることができます。

フォーカスモードでのスピーカービュー
フォーカスモードでのギャラリービュー

いままでのやり方では、スピーカービューにしても、他の参加者のカメラがオンになります。見ようと思えば、他の参加者の顔をまじまじとのぞき込むことができます。

学校などでオンライン授業を行う場合、プライバシーやハラスメントの関係から、学生同士で顔を無防備に見せたくないというニーズを受けて実装されたのではないかと推察します。教師は、学生がきちんと参加しているか確認したい、表情から理解度を確認しながら授業進行したいけれど、全員にカメラオンを強制するのも忍びない……というニーズです。

じゃぁ、Zoomウェビナーと同じじゃないの?

Zoomのウェビナー機能でも同じようなことはできます。しかし、ウェビナーになると、今度は、参加者がちょっと発言したいとか、そういった時の切り替えが煩雑になってしまいます。登壇者(教師)と参加者(学生)を厳密に分けるのも困る。しかし、顔出しだけは……ということではないかと思います。

ウェビナーは、何千人のセミナーや大講堂での一斉授業向け、Zoomミーティングのフォーカスモードは、それほど大人数ではないけれど、ゼミほどのこじんまり系でもない。という規模感をターゲットにしているのではないかと思いました。

フォーカスモードの設定は?

フォーカスモードを使うには、ホストが前もってウェブの管理画面から設定しておく必要があります。

ウェブの管理画面でFocus Modeをオンにする。

設定」⇒「ミーティング」⇒「ミーティングにて(詳細)」のブロックに
「Focus Mode」があるので、オンにしておきます。

ミーティング開始後「詳細」ボタンから「フォーカスモードを開始」する

ウェブの管理画面でフォーカスモードをオンにしておくと、Zoomミーティングを開始後、「詳細」の中に「フォーカスモードを開始」メニューが出るようになります。

フォーカスモードを始めたい場面になったら、ここからフォーカスモードをオンにします。

なお、フォーカスモード中に、フォーカスモードをやめたくなったら、ホストはこの画面からフォーカスモードを中止し、通常のモードに戻ることもできます。

つまり、ミーティング(授業)中に、フォーカスモードを行ったり来たりすることができるということです。たとえば、最後に小テストを行って、「できた人は、A4の紙に答えを書いて、カメラに映してください。正解した人から終わっていいです」とかできます。(別にできた人から終わらなくても、いいのですが。待ってたり、次のワークをやったり。)

画面共有にも影響があるフォーカスモード

フォーカスモードでは、画面共有の挙動も変わってきます。

参加者が画面共有を開始したところ(参加者のモニタ)

参加者が画面共有を開始すると、まずはホストと共同ホストのみに画面共有がされます。他の参加者は、その共有されている画面を見ることができません。

ホストの画面

ホスト(教師)は、参加者が開始した画面共有の内容を見てから、その画面を他の参加者にも共有するか否かを決めることができます。

フォーカスモードの画面共有でできそうなこと

もくもくワーク系

レポートを書く、プログラムを書くというようなハンズオン式の授業で、Zoomを繋げっぱなしにして、各自がもくもくと作業するようなケースで、「先生、ちょっとここ分からないので見てください」みたいなことができるのではないかと思います。

しかし、マイクの音(声)は全部、参加者に筒抜けなので、他の参加者は気が散ってしまうというデメリットがあります。こういった場合には、質問を受ける専用のブレイクアウトルームを作って、その部屋に教師とその学生のみが移動して個別指導をするやり方のほうがスマートなように思います。

できた人から終わっていいよ系

上述の、A4の紙に答えを書いてカメラに映してください。を画面共有でやるケースです。レポートやプログラミングなどで、A4の紙とかカメラで映すには難しいような入り組んだものの場合は、「画面共有を使って教師に答えを見える」が使えるのではないでしょうか。

しかし、カメラと違って、同時にホスト(教師)が確認できるのは1画面なので、多数の参加者がいる時には大変そうです。

意外にZoomボミング対策のひとつになるかも?

「Zoomボミングのひとつとして、不適切な画面を共有してハラスメントする」というものがあります。参加者像にもよりますが、「いきなり不適切な画面を共有されて焦った」という事故を防ぐために、セミナー主催者が参加者による画面共有をする前に念のためチェックするというのはありそうです。

一方通行のセミナーではつまらない。できるだけ双方向のコミュニケーションを取り入れたセミナー設計にしたいというニーズは高まっています。そんな中、ある程度のセキュリティを担保しつつ、ウェビナー以上の双方向性を実現する方法として、フォーカスモードが使えるように思えます。

ますますハサミ化してきたZoom

今回のアップデートは、おそらく「大学等での授業で、学生に顔出しを強要せずに教師は学生の表情をチェックして授業を進行させたい」というようなニーズから出てきた機能だと思います。

しかし、使い方次第で、本当にいろいろなことが実現できそうです。「学級会で机に顔を突っ伏して、黙って手をあげなさい」シーンの実現だけでなく、ジェスチャークイズ、伝言ゲーム、そのほか、授業をおもしろく、効果的にする仕掛けに応用できそうです。

はさみのように、まさに「使い方次第」でいかようにも使える。切る以外にも使えることがいっぱい。Zoomがはさみのような「普通」の文房具になってきているような気がします。

最近話題になっているRemo、私も使ってみました

オンライン会議とかオンライン授業とかが熱くなっている今日この頃…。Zoomだけじゃなくて、新しいツールも!ということで、最近話題になっているRemo、私も試してみました!!!

インストラクショナルデザインとか、授業設計とか、考えていると、絶対出会う「協調学習」とか、ふにゃららふにゃらら……。

Zoomを使って、オンラインセミナーをやることは、もちろん可能! でも、Zoomだと、どうしても教える側からの一方通行になったり、相互コミュニケーションが難しかったりする。Zoomでも、グループディスカッションできるけど、ワイワイガヤガヤやるのは、数人のグループが限度かしら。20人でグループディスカッションとか、発言の順番が回ってこない予感もします。ブレークアウトセッションを使うテもあるけど、ホストや共同ホストじゃないと、グループ分けができなかったり、気軽にグループをチェンジしにくかったりするので、一期一会的なグループワークには限界を感じてしまったり……。ふにゃららふにゃらら……。

そんなときに使えそうなのが、Remoかもしれない。参加者側で、GUIっとダブルクリックすると、行きたいグループ(席)に移動できるとか、ちょっと惹かれます。セミナーの後の懇親会とかにも有効そうです。

詳しい説明や設定については、すでにいい感じの説明があるので、そちらをどうぞ。

これらの記事を見ながら、私も管理者としてRemoを使ってみたのですが、やっぱり見習、躓きました。「明日の私は他人と同様」なレベルで忘れっぽいので、備忘録です。

なお、Remoには、「Remo Conference」と「Remo Virtual Office」という2つのサービスがあります。「Remo Virtual Office」は、オフィスユースな感じかしら、フリーアドレスのオフィスのイメージのようです。一方、「Remo Conference」は、カンファレンスというだけあって、イベントとか、会議やセミナーにぴったりそうです。今回は、この「Remo Conference」のほうを使いました。

イベント名などに日本語を使うと、イベントを作成できない(ことがある?)

なぜか、イベントを作成しようとすると、エラーが出て、うまくいかない…。

管理画面の「create new event」から進んで、必要な項目を入力していくのですが、「save and publish event」ボタンを押しても完了できません。エラーがでます……。何度やっても、日を変えても。パソコンを再起動しても……。

ダメ元で、イベント作成画面にあるイベント名などをすべてアルファベットで記載したら、作成できました。そして、イベント作成後、再び、イベントの設定画面に入って、イベント名などを日本語にしたら、問題なく日本語に変更できました。
なぜだろう、なぜだろう。ほかの方は、特に問題なく、日本語でイベントが作成できていたようなので、不思議いっぱいです……。
別の日に、改めて日本語でイベントを作成したのですが、やっぱり日本語だとエラーが出ました。はて、はて、はて。

ユーザのマイクやカメラがうまく認識されないことがある

ログインしたユーザのマイクやカメラがうまく反応しないケースがありました。たしかにログインはできていて、チャットはできる。また、他の参加者の声は聞こえるし、カメラで映し出されている他の人の顔も見える。他の人がスクリーンシェアすれば、それも見える。ただ、自分のカメラやマイクがうまく認識しないだけ。
そんなときは、左側のハンバーガーメニューから、マイクやカメラの設定を確認してもらうことで、解決できることがありました。他のウェブ会議ツールなどでは問題なくカメラやマイクが自動認識するパソコンであっても、Remoだと、うまく認識しない、ということがあるようです。

この場合、マイクやカメラが使えないユーザでも、ログインできれば、ほかの人の声やビデオは見えるようなので、チャットでやり取りしながら、自分の画面を共有しながら説明して、設定個所の確認をしてもらいました。これで、見えたー、ということに!

マイクやカメラがうまく認識しないケースは、それなりに発生するようなので、イベントを主催する側は、なんらかの準備をしておいたほうがいいかもしれないと思いました。
たとえば、この確認方法を動画にして、ログイン前に見えるところにおいておくとか……。

使えそうなものは、あらゆる技術を使って (親もはさみも、インストラクショナルデザインも!)

使ってみると、協調学習とか、グループワークが重要になってくる場面では、Remoが使えそうなのは、間違いなし。ただ、エラーがでたときに、カバーしていく方法もセットで考える必要がありそう。そのあたりも、インストラクショナルデザインの思考で、試行していかないとね。と思った見習です。

と、ゴキゲンなところで。みなさま、よい一日を!

寝てないです、寝てないです……

居眠りなんか、してないです!はい。

居眠りなんか、してないです!はい。